山里で遊ぶ

八百津町の豊かな自然の資源を活用した遊び方を提案します。

昔は山を取り合う争いが起きたほど「生活に必要は資源」の宝庫だった山の植物にも、モノがあふれた現在ではほとんど価値が見いだされなくなりました。
そのため、山で生活に関わる活動をする目的がなくなってしまい、人が山に入ることがどんどんなくなっていってしまいました。
植物にみられる良い特製・効果は、良い状態で健康に育った植物に期待できるものであり、育成状態の悪いものは、その特性が薄れる傾向があります。 人が入らなくなり、手入れもされなくなった山の価値は、価格だけではなく、特製・効果の麺でもどんどん下がっていく一方です。
これをなんとかくいとめ、昔のような価値のある山を維持するためには、山とヒトの生活をつなぎ合わせていく必要があると考えます。 里山の資源、「植物のチカラ」をとらえなおし、ヒトの生活に積極的・継続的にとりいれていくことで、商品価値を上げることを目指します。