八百津町ふくしまサクラモリプロジェクト

千畝の里だからこそ
出来ること・・・
福島を忘れない・・・
八百津のまちに福島桜を咲かせよう
そして守り育てていこう
子供たちの未来のために・・・

『ふくしまサクラモリプロジェクトってな~に?』

平成23年3月11日、東日本をおそった大震災から5年、福島県は大河ドラマ「八重の桜」の放送にも後押しされ、観光を含めた復興の歩みを進めています。しかし原発事故の影響による誤解や偏見がいまだに根深く、風評に悩まされ続けているのが原状です。
そんな中、福島県のイメージ回復のため、福島県の「さくら」を全国のいたる場所で咲かせ “ふくしま”を身近に感じることのできる活動を通じ、全国の街と福島・東北を繋ぐ“絆”を築くことを目的に、この事業が2年前から始まっています。

そしてここ八百津町では…

八百津町だからできること~ 郷土が生んだ杉原千畝の博愛精神、これを実行に移すことが大切だと考えました。八百津町に“ふくしまさくら”を咲かせる。その思いを未来の子供たちにずっと伝えていく。そして“ふくしま”といつまでも繋がっていく。
子供たちの笑顔あふれるまちづくりを八百津町のみんなで創り上げていきたい・・・こんな思いから「八百津町ふくしまサクラモリプロジェクト」が立ち上がりました。

どんなことを行っていくの?

最初の取り組みは、現在町が整備している見行山登山道の入り口周辺から“ふくしまさくら”を毎年植栽していき、一面が“ふくしまさくら”で咲き乱れる森林公園に整備することからスタートさせます。
さらに「人道の丘」などの町の公園や地域のみなさんが大切に管理している桜広場や学校・保育園などにも植栽し、八百津町全体に“ふくしまさくら”を広げます。また、植樹祭や桜祭りの開催など、町のみんながこの桜を大切に守っていくんだという活動を通じ、子供たちにこの思いを伝え、“ふくしまさくら”を通じた交流活動に繋げていきたいと考えております。

桜の苗木は「福島さくら夢工場」から・・・

福島県の地場産業の力を高めていくために、桜の苗木を育てる農園が「福島さくら夢工場」と名付けられ、この夢工場を起点に出荷されます。さらにこの事業は、多くの自治体や、企業、教育関連機関などの後援、協賛、協力により運営されています。

八百津町ふくしまサクラモリプロジェクト実行委員会
連絡先 090-7300-2203(佐々木)

心通い合うまちづくり 八百津のみんなで創っていこう!!

  • 平成29年4月15日 ふくしまさくら盆栽を杉原千畝記念館に展示。 記念館を訪れる多くの来場者に、可愛い桜の花と八百津プロジェクトの活動を紹介しました。
  • 平成29年4月30日 見行山登山道開通式協賛事業 ふくしまサクラモリプロジェクトコーナーを設け、プロジェクトPRと東日本大地震ふくしまこども寄付金の募金活動を行いました。
  • 平成29年12月2日 町内に点在する桜の名所を守っていこうと「サクラの勉強会」を開催! 40人の参加がありました。 石垣和義氏を講師にファミリーセンターで講義のあと、蘇水公園で実習を行いました。 30年度は、水源の森にて、間伐や剪定の実習を計画しております。ぜひご参加を!
東日本大震災からちょうど7年目の3月11日 福地ふくしまさくらの森にて第2回ふくしまさくら植樹祭を開催 120人の参加がありました。 八百津東部中の生徒のみなさんや地域の子供たちといっしょに、記念植樹祭をおこないました。  震災の時刻には全員で黙祷‥ 合唱では「故郷」など東部中生の美しい合唱が森の中にこだましました。 参加した子供たちによる ふくしまへの応援メッセージボード 心を込めて書いてくれました。 少しでも早い復興を願うばかりです。
春の八百津
八百津町ふくしまサクラモリプロジェクト千畝の里だからこそできること…
福島を忘れない
八百津のまちに福島桜を咲かせよう
そして守り育てていこう 
子供たちの未来のために…


子供たちの未来のために…2011年3月11日、東日本をおそった大震災。東日本大地震のからのイメージ回復のため、福島県の「サクラ」を全国のいたる場所で咲かせ 、全国の街と福島・東北を繋ぐ“絆”を築くことを目的とした事業です。
八百津町福地では、見行山登山道の入り口周辺から『ふくしまサクラ』を毎年植栽。さくらの森を整備することからスタートしています。
文責pousse
ここに紹介文章が入ります。