八百津町教育委員会が発表した明治時代における黒瀬舟

黒瀬湊といわれても、それがどこにあるのか知っている人は現在では少ないだろう。八百津生まれの60歳以上の者でも、みながそれをよく知っているわけではない。黒瀬湊の繁栄の面影どころか、その名前さえ何時の間にか消えうせてしまった。その旧跡は水底に沈み、その頃の船は写真でも明瞭に見ることが出来ない。

 また、黒瀬の地名もかつては本郷(細目)、芦渡、鯉居、油皆洞、諸田、杣沢、北山、大梁、須賀と並び称せられたが、今は役場の文書にもなく、組分されて玉井町、本町、旭町、港町に分かれた。明治初年には上町、下町の二つに分けられた。

 黒瀬並びに黒瀬湊に着いて書き記された文献については、寛政のころ尾張の儒学者、樋口好古によって著された、「濃州徇行記」と、同年頃の史料である「細目村庄屋留書」がある。

 その他に、八百津の伊佐治昭二氏が前出の二文献を参考にして発表した論文「近世木曽川水運に関する一考察 美濃国黒瀬湊を中心にして」(「立命館文学」1963年4月号)この論文では、黒瀬湊の現在の様子についてはふれていないので、明治時代を中心にして古老からの聞書きと、手元にある史料をもとにして記したものであろう。

転載:柘植成實 著
黒瀬街道

[2019/09/09 投稿]