WEB産直市場YAOTSU MALL八百津町の特産品

体験

山里であそぶ

八百津町の豊かな自然の資源を
活用した遊び方を提案します。

昔は山を取り合う争いが起きたほど「生活に必要な資源」の宝庫だった山の植物にも、モノがあふれた現在ではほとんど価値が見いだされなくなりました。
そのため、山で生活に関わる活動をする目的がなくなってしまい、人が山に入ることがどんどんなくなっています。
植物にみられる特性・効果は、良い状態で健康に育った植物にみられるもので、育成状態の悪いものは、その特性が薄れる傾向があります。 人が入らなくなり、手入れもされなくなった山は、価値だけではなく「植物のチカラ」も下がっていく一方です。
「山里であそぶ」では、山里の資源、「植物のチカラ」をとらえなおし、ヒトの生活に積極的・継続的にとりいれていくことを提案し、山の価値を本来の状態に戻すことを目指します。

Program1山里の現状を知る

持続的な山林づくりを目指すために
必要なことは?

日本の森林は自然の力で発芽、生長し、天然更新をする「天然林」と、主に木材資源の生産のために、人の手で植えられ、伐採される「人工林」に分けられるのはご存じでしょうか?
「人工林」の多くは、スギ、ヒノキ、カラマツ、アカマツ、クロマツ、エゾマツ、トドマツなど、比較的成長が早く、建築用途に適した針葉樹林からなります。
第二次世界大戦後の復興期から高度成長期にかけて、経済価値が見込めることから盛んに植栽が行われました。 しかし、燃料革命と同時期、木材の自由化ともに、日本の林業は衰退。適切に管理して手入れをしていく必要がある「人工林」が、人の手を入れず、放置され続けてしまったために、現在はたくさんの森林が荒れてしまっています。

林業を体験し、山里の現状を知る体験型WS

荒れた森林は、太陽の光が地面に届かないため薄暗く、地面に草はほとんど生えず、木はひょろひょろと細くなってしまうため、建物や道具の材料にすることができません。
また、生きものが住みにくくなった森林は、土が固くなり、大雨の時に洪水や土砂くずれを引き起こすなど多くの問題を生み出してしまいます。
この体験プログラムでは、そんな日本の山林の現状を知り、理解することで、貴重な資源である山林を、後世に残し、守るためにやるべきことを考えていきます。

植物観察

Program2植物観察

八百津の植物を五感で知る。
目からウロコの植物観察

自然豊かな八百津町。山に森に、川に沢。林業、農業、養蜂業に森に囲まれたアウトドアサイト。
山を登らずとも、森をかきわけずとも、人と自然が近く、珍しい山野草から身近な植物まで、多様な植物に出会えるのが、八百津の魅力的なところ。
「目からウロコの植物観察」では美味しい山菜や野草はもちろん、薬草やクラフトなど、生活に活用できる植物もご案内。
ただ見るだけではなく、手でさわり、香りをかぎ、時には摘み、味わい、切り、作り、心と身体、五感を通じて植物に触れていただきます。衣食住、色々な方法で植物を知り、活用することで、今まで見えてなかった植物が見えてきて、ぐっと植物が身近に感じられるはず。

植物と人との古くからの関わり方を知ることで、忘れかけられている、日本の伝統文化や技術を知っていただきたい。植物と生きものの関係を知ることで生態系の素晴らしさ、自然のありがたさに気づき、持続可能な環境や人の在り方を考えるきっかけになっていただきたい。そんな想いを込めた植物観察会です。

Program3八百津町の特産品と食文化

大自然に恵まれた八百津で生まれた
特産品と自然環境の関り

自然豊かな八百津町は面積の約8割が山林。 そして南側を木曽川本流、北側を木曽川水系の飛騨川に挟まれ、沢も多く、水が豊かな山里には様々な植物が生育しています。
その恵まれた環境の恩恵を受け、木曽川に続く本町通りには、醸造業や栗きんとんの老舗が連なっています。
また、山村地域を代表する極上の秋味として、また、古くから貴重なタンパク源としてヘボ(クロスズメバチの子)を重宝し、食べる習慣があります。
そんなふうに自然に守られ、活かされてきた八百津町の人々にとっても、この環境は後世に残したい「宝」として意識され、 まちづくりに関するアンケート調査でも、町に住み続けたい理由として、61.7%の町民が「自然環境が豊かで美しいから」を挙げており、豊かな自然環境は町の誇りとなっています。

八百津町の特産品 養蜂
八百津町の特産品 養蜂
養蜂

この恵まれた環境を活かし、八百津町でも養蜂が行われています。
養蜂には、周辺に蜜源植物、花粉源植物が豊富にあり、夏の暑さをしのげるような木陰で、乾燥している土地が適しています。
しかし、都市部だけでなく農山村においても土地の開発が進み、蜜源植物の減少や、農薬の使用など、様々な原因により、現在日本中でミツバチが減少しています。
それは八百津町も例外ではありません。
植物の花粉を媒介するミツバチは、農業生産や植物の種の維持にも欠かせない存在。
養蜂ができる環境を保全していくことが、八百津の自然にも農業にも大切だと考え、養蜂を貴重な産業としてピックアップします。

お茶づくり

八百津町の山間部、朝霧が立ち込める標高520mの久田見高原や標高650メートルの福地では昔から製茶業が盛んです。
地域に根差した歴史ある作物だからこそ、地域によって異なる特徴があるのも日本茶の魅力です。
農家の方々は、皆様に「八百津の味」を届けたいという想いで、日々畑に向き合っています。
健康で良質な茶畑をつくりあげ、みなさんに八百津の土地の気候と人が生み出す「色・味・香」を味わっていただくことが、一年の大変な農作業の成果。
少しでも、良い製品にするために、健康な土壌づくりは必須条件。
畑を綺麗にするために手入れをし、草を刈り取った場所は、日の光が良く当たり、日本固有の草花の生息地として維持されています。
農家の良いお茶を作るための努力が、失われつつある日本の里山風景を守り続けることにもつながっていくのではないでしょうか。

八百津町の特産品 養蜂
八百津町の特産品 ほう葉寿司
醸造と伝統食

「日本酒の味は水の良し悪しで決まる。」と言われるように、酒造・醸造業にとっては、良質なお水を大量に確保できる水源の確保が重要になってきます。
水源となる山の保全と美味しい水は切り離せない関係。
美味しいお酒をつくるにも、山林が関係してくるのがわかります。
そして、昔ながらの食文化が残っているのも八百津の魅力。
そのひとつが「ほう葉寿司」や「みょうが寿司」。
朴葉の防腐効果や、ミョウガの殺菌・抗菌作用など、植物のチカラを活用して、土地の人達の食と健康を守ってきました。
このような植物のチカラは、その土地で健康に育ったものほどその効果を発揮するのではないかと思います。
普段、意識することのない、自然環境と食、文化との関りを、八百津町の特産品・食文化を通じて知っていただければ、と考えています。
食文化の継承は、食を守るだけではなく、それを育んできた地域そのものを守っていく可能性があるのです。

講師一覧TEACHER LIST

小池桃統子

小池桃統子

詳細を見る
半谷美野子

半谷美野子

1977年東京生まれ。埼玉県入間市出身。 幼い頃から、自然に親しんで育つ。 私立自由学園で幼稚園から高校まで学び、日本大学森林資源科学科へ入学。卒業後、東京の造園会社へ就職。 みどりのリサイクルや啓蒙事業に携わりながら、NPO法人「みどり環境ネットワーク!」を設立。 都内の保育園や小学校、都立公園などで様々なみどりのイベントや環境学習講座を多数開催。 結婚、出産を経て、2008年から愛知県犬山市で未就園児の親子が自然を楽しむ会「いぬやま自然とあそび隊!」を主催。 身近な自然の素晴らしさや活用方法を伝えるため、五感を通して体験できる講座を愛知、岐阜で開催中。

詳細を見る
舘林久宜

舘林久宜

岐阜県産材天然木の魅力をぎゅっと詰め込んだ「小さな家」 天然木の良さをふんだんに活用した魅力的な家づくりを目指し、この活動を持続的な山林づくりにつなげていきます。 八百津町 で林業を営む 「舘林林業」は、 森林の有する多面的機能をより高度に発揮させ続けるため、森林を適切に管理し、維持し続け、それを次世代にも伝えていきます。

詳細を見る
永田養蜂

永田養蜂

永田養蜂は岐阜県東部の木曽川のほとり、四方をの山に囲まれた山深い里山八百津町にあります。 そんな大自然の野山に咲く花々から採れた天然はちみつは、春には山桜、初夏からアカシア・とち・百花など、移り変わる季節の味と香りを楽しむことができます。  永田養蜂では採れたはちみつそのままの完熟した上質なはちみつをお届けしています。

詳細を見る
岩平茶園

岩平茶園

八百津町久田見高原の、家族経営の茶園です。 祖父が40歳で山を切り開いてお茶の苗を植えたのが始まりで、約50年になります。 現在は、3代目のみちこが引継ぎ、製茶に奮闘中。 お茶ってもともと身体に良い飲み物として奈良時代から受け継がれてきたもの。 そうであれば、体にいいお茶を徹底的に追及したい!! そんな思いを込めながら、自然に囲まれた八百津町の山奥で、小規模栽培だからこそできる、安心安全、丁寧なお茶づくりをしています。

詳細を見る
緑華園製茶

緑華園製茶

よりおいしいお茶をつくることを心がけています。 八百津町内一高い山 見行山を望む標高600mの地で昭和43年から、栽培 製造 パック詰めに至るまで一貫して自社経営で責任を持って作っています。 現在、日本の茶産地はどこも大規模集約的経営で製品が画一的で個性のないお茶が増えています。わたしどもは日頃、一畑一畑よく観察し茶の木や葉の成長に合わせた管理や摘採を心がけて、大量生産では出来ない本物の風味を味わって頂けるお茶を作るのが目標です。 また、製造後の品質管理にも細心の注意をはかり、一年を通していつまでも変わらない風味のお茶を提供いたします。

詳細を見る