黒瀬の船について ~船の名称~

 黒瀬の町では、船の名称は持ち主のだれだれの船とは言っていたが、何々丸などの名称はなかった。船全体に対しての届出文書には、小廻船とあるが、この船は「鵜飼船」とも呼ばれ、下流の犬山―弥富の間では「へたか船」「黒瀬船」、名古屋では「おごさ船」「ささ船」「かみそり船」とも称したようである。当時名古屋白鳥に横付けできるのは「おごさ船」以外は許されなかったが、「黒瀬船」は「おごさ船」なみに取り扱われたとのことである。

転載:柘植成實 著
黒瀬街道

[2019/09/09 投稿]